産後の腰痛が一年経っても取れない

今日初めて来られた30代後半の女性K子さん。1年前に長子を出産して以来ずっと腰痛を抱えていらっしゃいました。骨盤が歪んでいるのかどうか、とても気にされてました。

実際は、腰周辺の筋肉が硬くなっておりました。そして、おなかの奥にある大腰筋もかなり硬くなっていました。この腰周辺の筋肉の張り、大腰筋の張りが神経を圧迫して、腰痛の原因となっております。スマイル整体では、腰とおなか、両側から硬くなった筋肉をゆっくりほぐしていきます。

筋膜リリースという手法で、ゆっくり、じわ~っと緩めていきます。大腰筋をおなかかから触られると、ズーンとした重い感覚があります。この大腰筋の張りがなくなってくると、痛みは軽減していきます。

腰・おなか周りの硬くなった筋肉がリリースできれば、骨盤は自然にあるべき位置に戻っていきます。大腰筋である深部筋が張ってしまうと、どうしても体の骨格を不自然な位置に引っ張ってしまいます。骨盤矯正で、骨盤を正常な位置に矯正してもらうのもいいのですが、大腰筋の硬さが原因で腰痛が残っている場合は、やはりお腹のほぐし・リリースをお勧めします。

ぎっくり腰になる方も、ほとんどの方がこの大腰筋が硬くなることにより、痛みを伴っている方が多いです。人生の長年の積み重ねにより、大腰筋も年々硬くなってきます。ゴルフのやりすぎ、又は学生時代にクラブを頑張りすぎてたり。そんなことが原因で突然腰痛になったりします。 もしかして、椎間板ヘルニアであったり、圧迫骨折だったりすることもありうるので、その際は医療機関で受診してみてください。

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です